2018.6.1

当社提案の「食品工場でのカメラによる衛生・安全管理AIシステムの開発」が、NEDO AIシステム共同開発支援事業 に採択されました

平成29年度 AIシステム共同開発支援事業 の審査を受け、交付を受けることになりました。

事業内容
カメラの監視映像を、通常の人数カウントや性別判定のような映像のコマ画像の解析だけではなく、映像に映る作業員などの「ヒト」を認識して映像の解析を行う。「位置」「姿勢」「動き」を認識し、「定型パターン」を学習することで、パターンから外れる特異事象を「不審な行動」と認識させる。これらをAIボード搭載カメラに実装し使用することで、映像をサーバーに送ることなく、カメラ内で処理するシステムを開発する。