2019.08.22

イノベーションジャパン2019 NEDOゾーンに出展

NEDO AIシステム共同開発支援事業を受けて事業化を推進しているシステムを、姿勢と動作を軸に“ヒトの姿勢判定と連続動作の認識システム”として展示・紹介します。

本システムは、工場などの生産現場での労働環境の見直しや改善を推進するために作業者の行動に着目し、監視カメラの映像から異常な行動や事象を検出してその通知と管理を行い、早期発見と迅速な対応を実現します。

活用例

  1. 転倒や体調不良などの異常を発見
  2. 不正な立ち入りや不正行為の検知
  3. 作業中の破損や混入などの原因究明
  4. 作業プロセスの「カイゼン」モニタ
  5. 自動化のための事前調査